ご予約・お問い合わせはこちら
受付時間
9:30〜12:30 / 14:30〜18:00
休診日
日曜日・祝祭日
MENU
HOME おゆみ野インプラントクリニック インプラント治療について > one dayインプラント治療

インプラント治療について

one dayインプラント治療

one dayインプラント治療

歯が全部なくなってしまっても、あるいは全部失いそうな患者さんでも治療を受けることができます。
全部歯がなくなってしまった時には何本のインプラントが必要なのでしょうか?

普通、親知らず(智歯)を除いて歯は上顎に14本、下顎に14本ですので、それと同じ本数が必要なのでしょうか?
答えはNoです。患者さんのお口の中、骨の状態にもよりますが、当院ではインプラント4本(あるいは6本)で全部の歯を支える治療方法を行っています。

ずいぶん少ないとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、一度インプラントが骨とくっつけば十分にかむ力をそれで支えることができるのです。
(ただしコンピューター解析によるインプラントの最適な位置と方向、長さの検討が必要です。)
本数が少ないことで患者さんに対する手術時の身体的な負担や経済的な負担を軽減することが出来るのです。

そして、なんといってもこの方法の大きな特徴のひとつとして、条件さえ整えば手術当日にインプラントと共に人工歯部分もお口の中にセット出来るのです。
ですから手術の当日から入れ歯を使わずにセットされたインプラントで食事をしていただくことが可能になります。最終的に不自由なく食事が出来るまでには少し期間が必要ですが、少なくとも手術の日から入れ歯を使わなくなる日常が訪れるのです。

この方法は、Drポーラ・マロが提唱しているALL-on-4と呼ばれている方法です。
この方法は、骨が少なくなってしまった患者さんでも比較的条件の良い丈夫な骨の部分を積極的にインプラントの支えに使うので、顎の骨が少なくなってインプラント治療をあきらめてしまいそうな患者さんでも手術を行う可能性が広がる治療方法です。ただし、希望するすべての患者さんに手術が出来るわけではありません。CT検査を受けていただき、コンピューターによるシミュレーションで治療の可能性を判断しなければなりません。 治療が可能であれば患者さんにとってはすごく利点の多い治療方法です。

総入れ歯や歯がすべてなくなりそうでお困りの患者さんはぜひこの方法が可能かどうか、ご相談されてはいかがでしょうか。

one dayインプラント治療 one dayインプラント治療 one dayインプラント治療 one dayインプラント治療

one dayインプラント治療の特徴

  • 手術当日に仮歯が装着が可能です。
  • 現状で骨の状態が厳しくても、条件の良い部位にインプラントを埋入することが可能です。
  • 少ない本数で上顎、または下顎の12歯分の歯を支えるので経済的にも身体的にも負担が少なく済みます。