ご予約・お問い合わせはこちら
受付時間
9:30〜12:30 / 14:30〜18:00
休診日
日曜日・祝祭日
MENU
HOME おゆみ野インプラントセンター インプラント治療について > 低侵襲インプラント

インプラント治療について

低侵襲インプラント

低侵襲インプラントについて

今までの一般的な歯科治療は平面のX線写真があればかなりのことが判断出来ました。
しかし、インプラントは立体的な顎の骨の中に埋める手術をするのです。

当然これまでの平面でのX線写真では情報が足りません。そこでCT撮影をするのです。
ただ、多くの歯医者では以前は外部の総合病院へCT撮影を依頼したり、CTを撮影しないで手術を行うといったことが行われて来ました。それには危険性や不便さが伴うため、最近では自分の歯医者に歯科専用のCT撮影装置を設置する歯科医院が増えてきています。最新のCTは撮影後すぐに立体の画像を作り簡単に観察しただけで、骨があるかどうかが分かります。もちろん骨だけでなくて歯や歯根の状態も一目瞭然です。

これで検査をすればインプラント治療が出来るかどうかが分かりそうですが、そうはいきません。インプラントは骨の中に埋めるのですから、どの位置に、どの方向で、どのくらいの長さや太さのインプラントを埋めるかを詳細に決めないと判断出来ません。実はこれらも今では最新のコンピュータソフトでCTのデータをもとに画面上でシミュレーションできるようになっています。

手術をする前にすでにインプラントの位置を歯科医が決定して、侵襲の少ない手術が出来るようになっているのです。

シミュレーションによる埋入計画 ガイデッドサージェリー 手術直後、出血、痛みが少ない

低侵襲インプラントの特徴

  • コンピューターのシミュレーションに従ったガイデッドサージェリーですので手術時間が短く済みます。
  • 歯肉をほとんど切らずに手術をしますので痛みや腫れがほとんどありません。
  • 抜歯と同じ局所麻酔(鎮静でも可能)です。
  • 最高水準のインプラントと最新の器具を使用しています。