ご予約・お問い合わせはこちら
受付時間
9:30〜12:30 / 14:30〜18:00
休診日
日曜日・祝祭日
MENU
HOME > 訪問歯科

訪問歯科

訪問歯科診療

ご自宅・施設等で
歯の治療が受けられます。

訪問歯科診療用の設備を準備したスタッフが車でお伺いいたします。いつもの環境で無理なく歯の治療が受けられる安心のサービスです。

診療エリアマップ

医院を中心とした
半径16km圏内とさせていただきます。

訪問歯科診療Q&A

Q:誰が利用できるの?
A:おひとりでの通院が困難な方がご利用になれます。ご相談ください。
Q:誰がまわって来るの?
A:歯科医師・歯科衛生士・介護福祉士等、専門のスタッフが伺います。
Q:何を用意すればいいの?
A:保険証等必要な書類がありますのでご用意ください。お約束の時間にお伺いします。診療で出たゴミはこちらで持ち帰ります。
Q:お支払いは?
A:保険診療が適応となります。ご自宅までの交通費はいただいておりません。

口の中の細菌が体に及ぼす影響

虫歯歯周病を引き起こします
歯や入れ歯についた食べ物のかすは時間がたつと細菌のすみかになります。年をとると体を守る力が弱くなり、細菌を取り除く唾液の量も減ります。また口臭の原因にもなります。
心臓の病気
を引き起こす危険があります
血管の中に歯周病菌が入ってもほとんどは体の動きによって排除されます。心臓の動きの弱い人は血管の流れが悪く、細菌がそのまますみついてしまうことがあります。
血栓動脈硬化
を起こす危険があります
腫れて弱くなった歯ぐきから血管の中に歯周病菌が入ると様々な血管の病気の原因になります。細菌を追い出そうとする血管の中の働きが過剰になると動脈硬化を起こしたり、細菌と血小板が固まって血栓を作ったりすると考えられています。
糖尿病
を引き起こす危険があります
血管に入った歯周病菌はインシュリンの働きを邪魔し、歯周病が悪化します。
肺炎を引き起こします
加齢とともに機能が低下すると、気付かないうちに気管から肺に食べ物が流れ込むことがあります。眠っている間に唾液が流れ込むこともあります。このとき食べ物や唾液とともに細菌も一緒に肺に入ってしまうのです。
体の健康を保つために
いつも口の中を清潔
口の中の細菌はこのほかにも様々な病気を引き起こすと考えられます。歯磨き、うがい、入れ歯の清掃を行って、口の中を清潔にたもつことで、これらの病気を予防しましょう。ついつい面倒になりがちな口の中の清掃は毎日の習慣にすることが大切です。
口腔と全身の健康
口腔内細菌と内科的疾患との関連性、咀嚼の機能と老化、痴呆の関連性など、口腔環境が全身の健康と密接に関係があることが近年わかってきました。特に歯垢(プラーク)の中に存在する一部の細菌は、一般に知られる虫歯、歯周病を引き起こすだけでなく、全身疾患を引き起こす可能性も非常に高いといわれ始めています。
具体例
誤嚥性肺炎、糖尿病、感染性心膜炎、虚血性心疾患など
口の状況から見た口腔ケアの必要性
口の中は37℃前後で唾液という水分があるため、細菌が繁殖しやすい環境となっています。要介護高齢者は自分で口腔清掃が出来ないため細菌が非常に繁殖しやすい状況にあります。
高齢者にとっては誤嚥性肺炎など、致命的な感染症が引き起こされやすくなります。
このような危険を未然に防ぐためにも口の中を清潔にする、つまり口腔ケアが必要となってくるのです。

しっかり噛むことが
体の健康につながります

脳の働きを活発にします
噛む運動は口の多くの筋肉によって起こります。これらの筋肉を動かす信号は脳から送られてくるので、噛む運動を繰り返している間は、絶えず動いていることになります
誤嚥や肺炎を防ぎます
食べる動作は一連のものです。食べ物を見て・口に入れて・噛んで・と進めていくうちに、体が飲み込む動作の準備を始めます。しっかり噛んでこの準備をするとうまく飲み込みますが、口に入れてすぐ飲み込もうとすれば気管に入ってむせてしまうこともあります。
体の機能の低下や
寝たきりを防ぎます
噛む運動は体の血液の流れをよくします。また、不思議なことに噛む時には口の筋肉だけでなく手足の筋肉にもわずかながら動きが起こります。
食べ物をよく噛むことで体中の動きが活発になります。
胃を守り、
栄養の吸収をよくします
しっかり噛むと食べ物は小さくなり、唾液が出て混ざります。この状態で飲み込むと無理なく体に吸収されます。逆に噛まずに飲み込むと胃に負担が多くかかります。このため歯が悪いと胃も悪くなってしまいがちです。
顔の表情も豊かになります。
噛む運動は顔面の筋肉刺激を与えます。
また口をよく動かすことで、しゃべることもうまくでき、自然と会話が増えることになります。
しっかり噛むことは
健康を守る第一歩です
ぐらぐらの歯があったり、入れ歯があってなかったりすると、噛むことが難しくなり体の健康にも良くありません。
早めに検診や治療を受けましょう。

飲み込みが気になる方へ

摂食・嚥下障害の疑いがある方は、
誤嚥性肺炎や脱水・低栄養
などが起こる可能性が高まります。

訪問歯科診療で内視鏡検査、
嚥下機能訓練が受けられます

当院では、摂食・嚥下障害(飲み込みの障害、食べる機能の障害)の専門医(嚥下リハ学会認定士)を配属し、内視鏡を用いた検査や、嚥下機能の訓練も行っております。気になる症状の方がいらっしゃいましたら一度ご相談ください。

お申し込みはこちらから

申し込み依頼書をダウンロード後、必要事項をご記入のうえ、FAXで送信いただくか、
下記のお問い合わせ先までお電話ください。

訪問歯科申し込み依頼書
(印刷用PDF)

お問い合わせ先

各診療所の訪問歯科お問い合わせはこちら
【診療時間(要予約)9:00~17:00】
おゆみ野総合歯科クリニック
大網歯科医院
片貝デンタルクリニック