ご予約・お問い合わせはこちら
受付時間
9:30〜12:30 / 14:30〜18:00
休診日
日曜日・祝祭日
MENU
HOME 診療科目 > 口腔外科

口腔外科

口腔外科の診療種類

インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込む手術を行い、その上に人工歯を装着して、噛む機能を回復させる治療です。チタンが顎の骨としっかり結合するため、天然歯のような噛み心地が蘇ります。人工歯もセラミックで美しく再現され、審美性・機能性ともに優れた治療です。

インプラント治療について

抜歯

周りの歯に悪影響を与える親知らずや、通常の本数より余計に生えてきてしまった過剰歯、また虫歯などが悪化して、保存することが不可能となった歯などに対して行います。

歯牙移植

抜いた歯を必要な場所に移植する治療。親知らずなどの不要な歯を必要な場所に移したり、歯は健康だが周囲に問題があるという場合に、一度抜歯をして周囲部分の治療を徹底的に行い、再度抜歯した歯を戻して再生させたりするなどします。歯と一緒に歯根膜も移植できるため、人工歯と比較してもなじみがよく、おおよそ2~3ヶ月で定着します。

顎関節症

「口を開け閉めするときに顎の骨が鳴る」「口が開きにくい」「顎が痛い」などといった症状が現れる、顎関節症。噛み合わせの悪さや、歯ぎしりや食いしばりなどから引き起こされると言われている病気です。治療には、スプリントというマウスピース型の装置を使用して、症状を和らげていく方法などがあります。

顎関節症について

インプラント

インプラントとは?

歯のないところに人口の根っこを立てて、かぶせ物をするものです。

ご自分の歯のように仕上がりますので、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛む事ができます。

どんな人がやるの?

今まで入れ歯を使ったことがない人の場合
  • 一本だけの欠損のために入れ歯を入れたくない
  • 隣の歯を削ってブリッジ(かぶせ物)をしたくない。

入れ歯を以前使っていた、現在使っている人の場合
  • 入れ歯が煩わしかった
  • バネが見えて恥ずかしい
  • 他人に入れ歯の取り外しを見られたくない
  • もっと噛める歯にして、美味しく食事を取りたい
  • 見た目をきれいにしたい
  • 歯をすべて失って総入れ歯でお困りの方→(オールオン4)

インプラント手術に関する安全性

インプラントは手術を行います。お体の具合によっては治療に不適応の方もいらっしゃいますが、
多くの方にとって安全な治療法です。ここでは安全性の理由と、一部の不適応例をご説明いたします。

手術というと、骨を削って金属のスクリューを打ち込んで・・・
と恐怖心をお持ちの患者様が多くいらっしゃいます。
手術自体は局所麻酔で何のお痛みも無く受けていただく事ができます。
個人差はございますが、術後のお痛みも通常の抜歯程度で、術後数日で落ち着いてきます。
入院の必要も無く、翌日から通常の生活をしていただけます。

インプラント手術のミスの原因

手術自体の安全性ですが、ミスが起きる場合の原因として以下の項目が挙げられます。

  • 未熟な外科手技による不適切な埋入
  • 骨の状態によるもの(硬すぎる・軟らかすぎるetc)
  • 不十分な解剖学的知識による神経・血管・粘膜の損傷

など
これらのミスは術後初期段階に症状として出現することがあります。
このような場合には埋入したインプラント(フィクスチャー)を抜去し、増骨手術など必要な処置の後に
2~3ヶ月後に再手術を行います。

インプラント手術が制限あるいは不可能な場合

以下の条件に当てはまる場合には手術が制限あるいは不可能な場合があります。

  • 重度糖尿病や心臓疾患など、重度の内科的疾患をお持ちの方
  • 妊娠中の方
  • 顎骨が極端に減少している方(骨移植手術にご同意いただけない場合)
  • 骨の成長が終わっていない方(20歳未満)
  • 骨粗しょう症(骨粗鬆症)の方

インプラントの成功率に関する安全性

現在使用されている歯科用インプラントは純チタンです。チタン合金を材料としたもので、骨結合型が一般的です。
チタンは無害で発癌性もなく腐食しません。
また、組織との親和性が高く、アレルギー反応を生じさせません。
したがって、材料が原因で寿命が短縮する事はありません。

手術の安全性で述べた失敗は術後初期段階で生じるものですが、
ここでは長期的な失敗の原因を以下のように挙げます。

経済的な理由による無理な設計

例えば下の奥歯が3本連続して欠損している場合、力学的な観点からインプラントは最低2本は埋入しなくてはなりません。しかし、ご予算の関係上1本しか埋入できない場合、過剰な応力が集中して寿命が短縮することがございます。
また、右上の奥歯を2本欠損し、左上の奥歯はあるのですが歯周病でグラついている場合、グラついた歯を抜歯して両側に埋入するのが理想的です。しかし、経済的理由で右上のみになってしまった場合、噛み合わせの力は右上のインプラントに過剰に集中してしまい、寿命低下につながってしまいます。

歯ぎしり等の噛み合わせによるもの

全体的な噛み合わせが不適切なままですと、ブラキシズムといわれる癖を引き起こす事があります。
ブラキシズムとは歯ぎしりや食いしばりなどですが、これは歯を支える歯周組織に破壊的なダメージを与える事があり、インプラントの寿命にも影響することがございます。

インプラントサイズ(フィクスチャー)の選択ミス(細すぎる・短すぎる)

強い噛み合わせの力を受ける奥歯において、残っている骨の幅や長さが不足している場合、適切なサイズを埋入できない場合があります。この場合、多少の時間をかけても骨の移植手術を行うことで、土台となる骨の造成を行うことが必要です。

インプラント治療のメインテナンス

インプラントがどれくらいもつかは、患者さんによって、また条件によって異なります。
インプラント本体はチタン製で丈夫なものですから、何か特別な問題が起こらない限り、半永久的にもつと思われます。しかし、インプラントが駄目になってしまうこともあります。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日適切な歯磨きをする習慣を身につけ、口腔内を清潔に保つことが大切です。歯茎に細菌が感染したり、歯肉が炎症を起こしたりしてしまった後では、手遅れになってしまいますので、定期検診をきちんと受けることをお勧めします。
定期検診の内容は、きちんと歯磨きができているか、噛み合わせはうまくいっているかなどのチェックで、決して大掛かりなものではありません。インプラント治療は、手術前にレントゲン撮影などの充分な診査を行って、綿密な治療計画を立て、その部位に最も適した材料・方法で行います。ですから、簡単に壊れるようなことはありません。万が一壊れたとしても、特別な場合を除き、作り直しは可能です。いずれにしても、手術後の適切な歯磨きの習慣と定期検診が肝心だということを覚えておいて下さい。また、かぶせ物やインプラントが壊れたりおかしくなった場合は当院の保証規定(千歯会保障規定第二版)に添って再治療時の金額保障をお約束いたします。

顎関節治療

顎関節症とは?

顎関節症とは、顎(あご)の関節を中心としてその周囲に起こる障害の総称です。

顎関節症チェック
  • 噛むと顎が痛い
  • 口が開きにくい
  • 口を締めようとする時に顎関節がカクンと音がする
  • 歯を噛み合わせて左右前後にずらす事ができない

口を大きく開けようとしてもこわばって開かなかったり口の開閉時にカクンと音がしたり、口まわりの筋肉が痛むなどの症状が継続する場合を顎関節症といいます。
症状の表れ方や程度、原因は人それぞれです。
一般に症状は左右のどちらかに出やすく、女性に起きることが多いのが特徴です。

原因
  • ストレス(歯ぎしり・食いしばり)
  • 噛み合わせの問題
  • 歯並び(歯列不正)
  • 関節や骨の形態異常
治療法
  • 生活習慣・習癖の改善
  • マウスピースの着用
  • 噛み合わせ調整
  • 歯列矯正
  • 薬物療法・手術など

顎関節の予防

  • 1.幼少期からしっかり噛んで食べるように!よく言われていることですが骨格系の健全な発育に大切です。
  • 2.悪習癖(※)をやめましょう!つめを噛む、ほおづえ、噛み締めなど長時間にわたって顎関節に大きな負担をかけます。顎関節症の発生、悪化の原因となります。
  • 3.異常があったらすぐ診察に!顎関節の異常や噛み合せの変化、過度の歯ぎしりなど異常を感じた場合は一度ご相談下さい。
※悪習癖とは?
●片方だけで物を噛む ●横を向きながら(テレビなどを見ながら)食事をする ●長い間、頻度の多いほおづえをつく ●顎と肩で電話を挟む
●歯ぎしり ●食いしばり  など

無料カウンセリングを
行っておりますので
お気軽にご相談下さい。

デンタルプランナーへのご相談 (予約制)
ご予約・お問い合わせはこちら
9:30〜13:00(最終受付12:30) / 14:30〜18:30(最終受付18:00)
休診日:日曜日・祝祭日

または、スタッフまでお問合せ下さい。

デンタルプランナーについて