ご予約・お問い合わせはこちら
受付時間
9:00~12:00 / 14:00~17:30
休診日
日曜日・祝祭日
HOME診療科目 > 口腔外科

口腔外科

当院では、毎月第3金曜日に歯科大学病院の口腔外科専門歯科医師がきています。

親知らず、虫歯で崩壊した歯など、少し困難な抜歯や顎の骨、顎関節、唾液腺やその周りなど、
顎、口腔領域の病気を治療の対象としています。

口腔外科と聞くと身構えてしまう方もいらっしゃると思いますが、焦らず患者さんのペースに合わせて
「怖くない」「痛くない」を目標に説明・治療をしていきます。

抜歯

周りの歯に悪影響を与える親知らずや、通常の本数より余計に生えてきてしまった過剰歯、また虫歯などが悪化して、保存することが不可能となった歯などに対して行います。

親知らずを抜く理由

  • 1.智歯周囲炎や歯周病を防ぐため
  • 2.親知らず、または、隣の歯が虫歯になるのを防ぐため
  • 3.咬み合わせがおかしくなるのを防ぐため

歯牙移植

抜いた歯を必要な場所に移植する治療。親知らずなどの不要な歯を必要な場所に移したり、歯は健康だが周囲に問題があるという場合に、一度抜歯をして周囲部分の治療を徹底的に行い、再度抜歯した歯を戻して再生させたりするなどします。歯と一緒に歯根膜も移植できるため、人工歯と比較してもなじみがよく、おおよそ2~3ヶ月で定着します。

顎関節症

「口を開け閉めするときに顎の骨が鳴る」「口が開きにくい」「顎が痛い」などといった症状が現れる、顎関節症。噛み合わせの悪さや、歯ぎしりや食いしばりなどから引き起こされると言われている病気です。治療には、スプリントというマウスピース型の装置を使用して、症状を和らげていく方法などがあります。

顎関節症について

顎関節治療

顎関節症とは?

顎関節症とは、顎(あご)の関節を中心としてその周囲に起こる障害の総称です。
口が開かない、顎が痛い、顎の音がなる などの症状がある場合、顎関節症の可能性がありますので、
症状が悪化する前に来院することをおすすめいたします。

顎関節症チェック
  • 噛むと顎が痛い
  • 口が開きにくい
  • 口を締めようとする時に顎関節がカクンと音がする
  • 歯を噛み合わせて左右前後にずらす事ができない

口を大きく開けようとしてもこわばって開かなかったり口の開閉時にカクンと音がしたり、口まわりの筋肉が痛むなどの症状が継続する場合を顎関節症といいます。
症状の表れ方や程度、原因は人それぞれです。
一般に症状は左右のどちらかに出やすく、女性に起きることが多いのが特徴です。

原因
  • ストレス(歯ぎしり・食いしばり)
  • 噛み合わせの問題
  • 歯並び(歯列不正)
  • 関節や骨の形態異常
治療法
  • 生活習慣・習癖の改善
  • マウスピースの着用
  • 噛み合わせ調整
  • 歯列矯正
  • 薬物療法・手術など

顎関節の予防

  • 1.幼少期からしっかり噛んで食べるように!よく言われていることですが骨格系の健全な発育に大切です。
  • 2.悪習癖(※)をやめましょう!つめを噛む、ほおづえ、噛み締めなど長時間にわたって顎関節に大きな負担をかけます。顎関節症の発生、悪化の原因となります。
  • 3.異常があったらすぐ診察に!顎関節の異常や噛み合せの変化、過度の歯ぎしりなど異常を感じた場合は一度ご相談下さい。
※悪習癖とは?
●片方だけで物を噛む ●横を向きながら(テレビなどを見ながら)食事をする ●長い間、頻度の多いほおづえをつく ●顎と肩で電話を挟む
●歯ぎしり ●食いしばり  など